未分類

公務員のクレームを受ける回数と、クレームが多い部署

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は公務員のクレーム問題についてお話します。

公務員は市民の方と接する機会が多く、

サービス業としての業務が多くの部署であります。

サービス業を経験したことがある方はわかると思いますが、

相手もいいように接してくれる人もいれば、

かなり厳しい口調で詰めてくるような方もいます。

いわゆるクレーマーという方ですが、

どの世界にもいるのでもちろん公務員で働いていても遭遇することはあります。

ただ、問題はどれほどのクレーム対応をしなくてはならないかですよね。

毎日毎日クレーム対応をするような仕事もあれば、

月に1回程度で済むような仕事もあります。

なので、今回は公務員のクレーム事情についてお話します。

公務員のクレームは多いの?

「公務員はクレームが多そう」

と言う声を私自身、公務員として働いている時に良く言われていました。

特に私は市役所の「高齢者福祉」を担当する部署にいたので、

クレームが多いイメージのある高齢者の方を相手に仕事をしていたのでなおさらでした。

そんな私の体験談から言うと、

「クレームは意外と少なかった」です。

これは読んでいる皆さんも意外に思うかもしれません。

あくまで体感ですが、

私が所属していた部署ではクレームは月に1件あるかないかくらいでした。

私の部署も人数が複数いるので、

実際に私がクレームに直接あったのは月に1件も無かったと思います。

なので、私自身クレームで精神を病んでしまうと言うことはありませんでした。

もちろん、クレームを受けた時は嫌な気持ちになるのですが、これだけ回数が少なければよほどトラウマ級じゃ無い限り精神ダメージは少ないです。

クレームの多い部署はどこなの?

先ほど書いた通り、私がいた部署はクレームが割と少なかったです。

おかけで割と快適に過ごすことができました。

ですが、これはあくまで私がいた部署の話であって、市役所全体で見るとクレームの件数は変わります。

もちろん、私がいた部署よりもクレームが少ない部署はあります。

そういったところは本当に羨ましいなと思います。

ですが、その反面私がいた部署よりもクレームが多い部署はいくつかありました。

ただ、そういったクレームが多い部署にはある共通点があります。

それは、

「お金が関係している部署」

と言う点です。

具体的にどのような部署かと言うと、市民税課、介護保険の保険料係、生活保護課などです。

これらの部署は私の部署に比べてクレームは多かったです。

やはりお金が絡む部署はかなり問題になることが多く、

クレームのレベルもかなり上がります。

これらの部署になると、市民の方から怒号が飛ぶことも多々あります。

フロア全体に響くような声で怒鳴っている人を何回も見てきました。

中にはクレームのレベルがかなりひどい方もいて、

自分が被ってきた帽子を職員に投げつけたりする人も実際にいました。

ここまでのレベルになると警備隊も出てきますので、かなり殺伐とした空気になります。

なので、これらの部署に配属になり、こういった市民の方と対峙しないと行けなくなった時は精神に多少来るものがあるかもしれません。

実際にあれをやられたらキツイな、、、

と思うような場面を見てきたからこそ思うことでもあります。

また、部署によっては税金の取り立てをしなくてはならないようなところもあるので、かなりの精神力がいるところもあります。

これだけ書いてしまうとかなり恐怖に思う方もいるかもしれませんが、

実際には毎日こんなことが起こる訳では無いので安心してください(笑)

ここまでの例は月に数件程度です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公務員のリアルなクレーム事情についてお話しました。

ただ、最終的な結論としてはクレームの件数はそこまで多く無いです。

あっても月に数件といったレベルなので、

自分が直接クレームを受けるのは月に1件あるか無いかと言うレベル感です。

なので、あまり恐れなくていいと思います。

クレームはもちろん受けたくはありませんが、

ちゃんと職員の人がフォローをしてくれるので安心してください。